やはり生身の女性には叶わなかったおもちゃ達

風俗には勝てない大人のおもちゃの限界と問題点。その将来性

私は「遊び心」が失われつつあることは認めながらも、ブームにこそなるとは思わないが、まったくなくなってしまうものではないと思っている。いつまで経っても「時代と寝る」ことができない部分は、大人のおもちゃの魅力のひとつである。半歩なら半歩、ときどきのトレンドからずれたり遅れたりしているところが、妙なおかしさと滑稽さを醸し出し、存在価値を生んでいるのだ。

「もっとおシャレにならなくちゃ」ともKさんは言ったが、大人のおもちゃが堂々と『HanakO』なんぞに紹介されるようになったあかつきには、存在自体の意味が違ってくる。たぶん楽しみは半減するだろう。もともと大衆志向の代物ではなく、「ヘタに広まって注目されるとやっかいだから、今の程度の規模で充分」と業界の将来を語ったアラジンの店長の言葉は、現実的で的を射ている。私の部屋にやってきたお友だち「熊ん子」は、この仕事が終われば、きっと押し入れの奥深くにしまわれることになるだろう。

けれど、この取材を通じて、純粋に遊び道旦ハの一つとして大人のおもちゃが、私の頭の隅にインプットされたことは間違いない。男だけのコミュニ万で、私の友だちは生きている藤井久子土曜日の夜、もう十一時を回った頃。新宿二丁目の仲通りは、妙にごった返していた。狭い歩道にあふれているのは、ほとんど若い男の子だ。グループで固まってお喋りしている連中もいれば、所在なげに立っている子もいる。歩道の脇にずらりと駐車している車のナンバーを見ると、横浜や大宮など、東京近郊の車が半数を占めている。女はほとんど見かけない。
妻とレスになってからちょくちょく利用するようになりました。こんな人が奥さんだったらというぐらい美しくてHな女性がいっぱいいますね。どうやらこれからも熊谷 デリヘルに、おせわになりそうです。


今は、女装は彼一人しかいないという地方の中都市で、店を構えている。彼(女の格好をしているが、男の格好をしていた時から知っていて、男友だちだからやっぱり「彼」にしておく)が女の格好をしたから、かえってホンモノの女である私とは住む世界が違ってしまった部分がある。ミチコの店には行けたのだが、ミユキが働いていた店は、値段の点においても、二十代の女が一人で行けるような店ではなかった。

まるで住む世界が違ってしまった女友だちのような具合なのだ。相手が本当の女でも、銀座の高級クラブに訪ねて行くなんてことは、ちょっとできない相談ではないか。ミユキが「女」として水商売に入ったのは、青山あたりで遊んでいた延長線上にあるという。

新着記事
2013/05/08 おすすめ記事を更新しました。
2013/05/04 新着記事を更新しました。
2013/05/03 ノーパン喫茶を更新しました。
2013/04/30 ホモセクシュアルを更新しました。
2013/04/28 ホモの街を更新しました。
2013/04/26 ギフトショップを更新しました。
2013/04/25 風俗には勝てない大人のおもちゃの限界と問題点。その将来性を更新しました。
2013/04/22 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
京都風俗情報ユウカンネットゾクゾク
KFJは京都の風俗情報を掲載。すっげ~いい女がいっぱい。地域検索からエリア内の駅名で細かく風俗情報を検索できます。デリヘル・ソープなどの風俗店検索・割引チケット・イベント情報などをご紹介。